仕事の基礎と思えば

仕事というものは、やり方ひとつで能率的にもなれば非能率にもなります。 このために、与えられている仕事をただ漫然とやっているような人や職場には、まず能率的な仕事ぶりといったものは観られず、非能率でマンネリ化した作業が常態化している、といったパターンとなってしまっているわけです。 こうした人や職場には、行っている作業の中味をよく考えて、非能率なものがあれば工夫して改善して行く、といった意識に欠けている場合がほとんどなのですが、そうした非能率さというものは、案外に基本的な問題点に起因している、といった場合が少なくないのです。 一例を挙げるならば、オフィスのネットワークのパフォーマンスが悪いので、専門家に点検してもらったら、そもそも基本設定そのものがきちんと成されておらず、そのために、本来の半分以下のパフォーマンスしか出ていなかった、といったような場合です。 このように、基礎的なところがおざなりにされていたために、非能率な作業環境が出来上がっていて、そのために能率の悪い仕事状態が当たり前になっていた、というようなことは意外に少なくないのです。 初心者ではなくても、やはり、仕事には基礎が肝心ということなのです。

詳細のページリストPage list

言い訳をするより

ビジネスにおいて、トラブルは必ず発生します。営業ノルマに届かなかったり、作成した書類にミスがあったり・・・・・

周りからの目が

仕事をする上で大切なことと言えば、いかに効率良く作業を進めて行くかということです。要領が悪く・・・・・

仕事の基礎と思えば

仕事というものは、やり方ひとつで能率的にもなれば非能率にもなります。このために、与えられている仕事をただ漫然と・・・・・

やり方は必ず一つではない

仕事をして行く中で大切な意識と言うのは色々なものがあります。よくあるのがビジネスマナーで・・・・・